カテゴリー「CORINNE BAILEY RAE」の4件の記事

2007年3月16日 (金)

コリーヌの歌声に魅了されて・・・

2月14日にリリースされたコリーヌ・ベイリー・レイの
ライヴDVD『ライヴ・イン・ロンドン』を鑑賞しました。

スガ・シカオをはじめ、著名人が絶賛しているコリーヌ。
東芝EMIアーティスト・ページ

ライヴDVDは、
2006年4月4日に行なわれたロンドン公演を収録したもの。

アンプラグドな雰囲気が最高です。

ファンは
ドリンクが用意されたテーブルに座り、
まさにシークレットライヴといった感じ。

バンドと10名のストリングスをバックに
コリーヌが表現したい音楽をたっぷり聴かせてくれます。

2007年2月1日、大阪で行なわれた
初来日公演のセットリストと同じ!?
(詳細は、museさんのブログに掲載されています。)

コリーヌの魅力が満載の59分34秒。

ライヴでの彼女の”歌声”は、
CDで聴く以上にバラエティに富んでいます。

それは、”歌声”が楽器を奏でるような感じ?
(上手に表現できませんが・・・)

バンドのみの曲、ストリングスを使った曲、アコギで歌う曲。
それぞれ奥行きがあり、
彼女のステキな声の魅力を思い存分堪能できました。

なかでも、
LED ZEPPELINのカヴァー
「Since I've Been Loving You」は、
ソウルフルな仕上がりになっていて聴き応えがあります。

10代の頃に熱中した
ロックバンドへの想いが、こちらに伝わってくるようです。

LED ZEPPELINファンの私は、思わず拍手!!
(パチパチパチ~)

ライヴの模様もさることながら、
収録されている11分のインタビューは
彼女の音楽に対する思いを感じずにいられません。

20歳のとき静かなバーで歌っていた、
「パーソナルな感じが好き」ということもあるのでしょう。

それを反映したステージになっていましたね。

まるで
英国旅行をして、コリーヌのライヴを満喫」
しているような夢心地。

心温まる、素敵なライヴです。

B000lz52lg01_ss500_sclzzzzzzz_v45787235_

「and you give me life like a butterfly ~♪」
・・・深い意味があるのですね。
(詳細は、DVD収録のインタビューで)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

コリーヌ、惜しい?

第49回グラミー賞授賞式。(←前の記事からつづく)

最優秀新人賞をはじめ主要3部門に
ノミネートされたコリーヌ・ベイリー・レイでしたが、
グラミー賞を獲得することはできませんでした。

ノミネートされただけでも光栄、と語っていたコリーヌ。
これをステップにして、
これからも素晴らしい唄を聴かせてくれることでしょう。

B000fpx0fw01_aa240_sclzzzzzzz_v49831685__1


さて、
激戦が予想された
最優秀新人賞は、キャリー・アンダーウッドが受賞。

アメリカン・アイドルは強かった!?」
ということでしょうか?

B000iy0ev801_aa240_sclzzzzzzz_
← 『アメリカン・アイドルDVD-BOX』
  -米視聴率No.1オーディション番組-




最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞には
テキサス出身のガールズ・バンド、ディクシー・チックス

「ブッシュ批判もなんのその!!」
ノミネートされた5部門すべてで受賞する結果となりました。

B000f9ue3401_aa240_sclzzzzzzz_


そのほかの受賞結果はコチラ↓
http://www.wowow.co.jp/a_g2007/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月 9日 (金)

コリーヌのライヴ映像にうっとり・・・

2月1日に大阪、2月4日に東京で
初来日公演を行なったコリーヌ・ベイリー・レイ

現在、東京公演の模様が
東芝EMIの特集ページにて公開されています。

視聴できるのは、
「ライク・ア・スター」
「プット・ユア・レコーズ・オン」
「アイド・ライク・トゥ」
の3曲。

特に、
生ギターで唄うコリーヌはステキです。
うっとりと聴きほれてしまいました。

2月14日には
ライブDVD『ライヴ・イン・ロンドン』もリリースされるので、
こちらも楽しみ。

B000lz52lg01_ss500_sclzzzzzzz_v45787235_

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年1月29日 (月)

グラミー賞は、コリーヌに注目!!

全米最大の音楽賞、
第49回グラミー賞の発表が近づいています。
その模様は、
WOWOWでも生中継されますね。
(日本時間2月12日/午前9:30から)

そこで、
私が注目しているのは、
主要3部門にノミネートされた、
コリーヌ・ベイリー・レイ(Corinne Bailey Rae)。

B000fpx0fw01_aa240_sclzzzzzzz_v49831685_
Amazonで詳しく見る
公式サイト
東芝EMI おすすめアーティスト




渋谷陽一、スガシカオ、鶴田真由など、
各界からも絶賛されているアーティスト。

ヴァリエーションに富んだサウンドと歌声に
私も、つい魅了されてしまいました。

何気なく聴いた、その瞬間。
きっと、
心に響くものがあるでしょう。

楽曲の視聴はコチラ↓
音楽ダウンロード・サイト Mora [モーラ]
音楽ダウンロードサイト リッスンジャパン

ご存じない方のために、簡単なプロフィール紹介。

コリーヌは1979年2月26日、イギリス北部リーズ生まれ。
幼少時代はバイオリンを習い、
10代ではLED ZEPPELINに夢中になりバンドを結成。
(これを知って、私はすぐファンに(笑))
その後、ジャズクラブで働くようになり、
ソウル/R&Bへと音楽性は移行。
2005年11月、
シングル「LIKE A STAR」でメジャー・デビュー。
翌年3月には、
ファースト・アルバム『Corinne Bailey Rae』をリリース。
(国内盤は同年7月12日発売)
見事、UKアルバム・チャート初登場1位を獲得。
そして、第49回グラミー賞主要3部門にノミネート。

主要部門のノミネート・リストは次の通り。
(アイウエオ順)

最優秀レコード:
「Put Your Records On」 コリーヌ・ベイリー・レイ
「You're Beautiful」 ジェイムス・ブラント
「Not Ready To Make Nice」 ディクシー・チックス
「Crazy」 ナールズ・バークレイ
「Be Without You」 メアリー・J.ブライジ

最優秀ソング:
「Put Your Records On」 コリーヌ・ベイリー・レイ
「Jesus, Take The Wheel」 キャリー・アンダーウッド
「You're Beautiful」 ジェイムス・ブラント
「Not Ready To Make Nice」 ディクシー・チックス
「Be Without You」 メアリー・J.ブライジ

最優秀新人:
イモーゲン・ヒープ
キャリー・アンダーウッド
クリス・ブラウン
コリーヌ・ベイリー・レイ
ジェームス・ブラント

グラミー賞もそうですが、こちらにも注目!!

来月、ついに初来日公演があります。
詳細は、コチラ↓
http://www.creativeman.co.jp/index.html

2007/2/1(木)
大坂・心斎橋クラブクアトロ
2007/2/4(日)
東京 恵比寿ガーデンホール

興味のある方は、ぜひ。
大阪公演は、
まだチケットがあるみたいです(1/29現在)。

昨年4月に行われたロンドン公演では、
LED ZEPPELINのカヴァー、
“Since I’ve Been Loving You”も披露したそうです。

もしかして、来日公演でも・・・
この曲が聴けた人は、ホントにラッキー!!

「 Are You Lucky ? 」

これから、
日本でも有名になること間違いなしのコリーヌ。

決して、
「こいぬ」ではありませんから・・・
「コリーヌ」です(苦笑)

可愛らしさは、似ていますけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)