カテゴリー「芸能」の19件の記事

2008年2月13日 (水)

市川崑監督、逝去。

市川崑監督が
お亡くなりになりました。

享年92歳。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。


私は、
「金田一シリーズ」が大好きで・・・

もちろん、
一昨年公開された
『犬神家の一族』のリメイク版も観ました

劇場で。

残念ながら、
これが遺作となってしまいました。

なんと言ったらいいか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

「スカシカシパン」食べました。

きょう、
出かけた先で偶然寄ったローソン。

そこで見つけちゃいました。

しょこたんプロデュース!

スカシガ・・・
(あら 、噛んじゃった。。)

もとい。

「スカシカシパン」

080211


さっそく
買ってきて食べてみると、
これがなかなかのボリューム。

さて、
気になるお味は?

ちょっぴり甘さ控えめ、
シュガーマーガリン味でした♪

結構おいしかったです。

念のため言っておきますが、
「スガシカオパン」ではありません(笑)


それにしても、
しょこたんカワユスなぁ。

カワユスなぁって、
一度言ってみたかったのですsmile
(普段言う機会無いから。。)


それでは、本日の1曲。
しょこたんのニューシングル「snow tears」をどうぞ。


中川翔子 「snow tears」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月30日 (金)

三沢郷さん、逝く

作曲家の三沢郷さんが亡くなられました。

享年79歳。

テレビアニメ
「デビルマン」などの主題歌を作曲されました。



また一つ昭和の光が・・・


心からご冥福をお祈り申し上げます。



DEVILMAN OP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

ビールは淡麗だけど、CMは檀れい。

最近、
女優の檀れいさんが出演しているCMがお気に入り♪

しかし。。。

好んで飲んでいるビールは「淡麗」です(汗)

...経済的理由(笑)

それでは、
仕切りなおしに・・・


「待ちきれなくて篇」

「走る篇」

「金麦と待ってる~」



ホントは、
タイトルが言いたかっただけだったりして(苦笑)


さむっ!


...今朝は寒かったです。

意味不明?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月12日 (月)

アントキの猪木のDVDダァーッ!

「元気ですかー?」

えーっ、
ブログの更新が滞っておりますが、
どうにかこうにか元気にやってますだす!?

(ホントかいな?)


さて、
猪木モード真っ盛りの今秋??

アントニオ猪木のモノマネでおなじみの
アントキの猪木がエクササイズDVDを発売したそうです。

その名もずばり
ダァーッ!ト ファイト キャンプ』。

51e3brxky2bl_ss500_

おそらく、
ビリーズ・ブート・キャンプ 』に
対抗(?)してのものだと思われます。


いや、絶対そうに違いありません(笑)


アントキの猪木がインストラクター役となり、
本家・アントニオ猪木の往年の必殺技などを
モチーフにしたエクササイズを披露しているのだとか。

ナックルアローやアリキック、ひとりコブラツイストなどなど。

ふむふむ・・・これは興味津々♪

そうこうしているうちに
ようつべで探していたらありました、コチラです↓

ダァーッ!トファイトキャンプ


確かに、
笑って腹筋を鍛えられます(笑)

お笑いファンやプロレスファン、
そしてビリーさんをギブした人にもオススメです♪

みるみるうちに笑いのツボ・・・

というより
アントキの猪木の思う壺(苦笑)

「1,2,3ダァー!!」

でも、
これで鍛えられるならお安いかも☆

「買いですかー? どうですかー?」

ただ、
本家・猪木を知らない人に
受け入れてもらえるかどうか・・・

そこがアキレス腱かもしれませんね(苦笑)

(プロレスネタだけに・・・)


ところで、
「アントキの」っていつ頃なのか、
みなさん考えたことはありませんか?

私が思うには、
昭和50年代後半の頃ではないかと・・・

金曜夜8時、
「ワールドプロレスリング」の
視聴率が20パーセントを超えていた時代。

そう、アントキの!

「どうですかー?」


自分で振っておきながら恐縮ですが、
話せば長くなるのでこの辺で終わりにします(苦笑)

そのお詫びといってはナンですが、
レッドカーペット登場時のアントキの猪木をどうぞ↓

アントキの猪木


アントニオ。。。

アントキの。。。

それにしてもよく考えましたねー、このネーミング☆☆☆

「星、三つです!」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

阿久悠さんの詞に出会えてよかった!

8月1日、
阿久悠さんが亡くなられてから、
いろいろ書こうと思ったのですが・・・

なかなか言葉が見つかりません。

「スゴイ」

「すてきな歌をありがとう」

このくらいしか思い浮かばないのです。

幼少の頃から、
阿久さんが作詞した曲をたくさん聴いているのに・・・

先ほど放送されたNHKの特番を見ても、
なかなか言葉が見つからないのです。

どれも口ずさめる曲ばかりなのに・・・


でも、これだけは言えます。

阿久悠さんの詞(ことば)に出会えて、本当によかった!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月21日 (土)

タイムスリップ!

今さっき、
TVでアニメ映画『時をかける少女 』を放送していました。

ちょこっと観ましたが、
主人公の少女は
わたしの中のイメージとはチョット違っていましたね。

個人的には
時をかける少女』といえば原田知世さんなんですよね。

申し訳ないですが・・・

ここで、
ほんの少しタイムスリップ!

最近は、
BlendyのCMでしかお見かけしない原田さん。

83年公開当時、
映画の同名主題歌が大ヒットし
歌番組にも出演されておりました。

実はこの曲、
作詞・作曲は松任谷由実、
編曲は旦那さんの松任谷正隆氏。

「ヒットしないわけがない!」

そこで見つけてきました、懐かしの映像。

動画はコチラ↓
http://www.youtube.com/watch?v=i5Hh4c9XoTE

音はずしてたりしますけど、それもご愛嬌(苦笑)


「時をかける少女 愛は輝く舟
 過去も未来も 星座も越えるから
 抱きとめて」



【追記】

アニメ版について、少し調べたら・・・

アニメ映画は原作の映画化ではなく、
原作の約20年後を舞台にした続編なんですってね。
そのため、
設定は若干原作と違っているみたいです。
原作の主人公・芳山和子は、
叔母として登場しているみたいですし。
だから、
わたしのイメージと違っているのは当たり前ですね。

アニメ版のファンの方に
不快な思いをさせてしまったなら、お詫びしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

ラッキー・ソウル

モデルやタレントとして活動している森泉が、
8月22日に日本デビューする英国の新人バンド
「ラッキー・ソウル」のプロモーションビデオ(PV)に出演するそうです。

出演するのは日本版で、
海外アーティストのPVに日本人が起用されるのは異例らしいです。

詳細はコチラ↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070719-00000103-sph-ent


森さんのことは置いといて・・・(苦笑)


英国の新人バンドということなので
とても興味があり、早速「ラッキー・ソウル」を調べてみました。

メンバーは、
紅一点ヴォーカルのアリ・ハワードを中心とした6人編成。

ソングライティングは、
ギターのアンドリュー・レイドロウが担当しているそうです。

詳細はコチラ↓
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/
Arch/SR/luckysoul/m_bio.html


数曲試聴してみたところ、
ポップ・ミュージックの王道という感じですね。

60年代の甘酸っぱさが漂っていて、
どこか懐かしいサウンドです。

日本でヒットしそうな予感。

myspace.comで試聴↓
http://www.myspace.com/luckysoulluckysoul

動画はコチラ↓
「Add Your Light To Mine, Baby」
「Lips Are Unhappy」
「My Brittle Heart Video」



さてさて。

日本で過去に、
ポップなサウンドで
人気を博した紅一点のバンドがありましたね。

70年代は・・・今のところ思い浮かびません(また後で)。

80年代はEighth Wonder(エイス・ワンダー)。

86年には「Stay With Me」が日本でヒットしました。
本国イギリスより日本やイタリアで人気があったそうです。

パッツィ・ケンジット。可愛かったなぁ~、あの頃は?

動画はコチラ↓
Eighth Wonder「Stay With Me」


90年代はThe Cardigans(カーディガンズ)。

2ndアルバム『ライフ』(1995年)が大ヒット。
“スウェディッシュ・ポップ”最高!
とかナントカ言って、アルバム買っちゃいましたもん(苦笑)

動画はコチラ↓
The Cardigans「 Carnival」


ポップ・ミュージックは、永遠に不滅ですね。



【追記】

70年代、
しいて挙げればBlondie(ブロンディ)でしょうか。

78年リリースのアルバム『恋の平行線』から
シングルカットされた「ハート・オブ・グラス」は
英米共にチャート1位を獲得しました。

ポップで親しみやすいメロディーは、今聴いても新鮮!
ブロンディの曲の中ではいちばん好きな曲です。

動画はコチラ↓
Blondie「Heart of Glass」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

中江さんが・・・。

声優の中江真司さんが、お亡くなりになったそうです。

『仮面ライダー』シリーズや
『トリビアの泉』などのナレーションを担当していました。

最近では、任天堂のCMも・・・

おそらく、
誰でも一度は聴いたことがあると思います。

あの独特の淡々とした口調が、とても好きでした。

ホントに寂しいです。


心よりご冥福をお祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

南朋が選ばれた!

俳優の大森南朋が
第33回放送文化基金賞、
個別分野部門の出演者賞というものを受賞したそうです。

そんな賞があるなんて知りませんでした(汗)

NHK土曜ドラマ「ハゲタカ」とWOWOWのドラマ「チルドレン」の演技が評価されたみたいです。

「ハゲタカ」の演技は素晴らしかったですからね。

まぁ、当然だとは思います。

「ハゲタカ」は反響が大きいらしく、
NHKBSハイビジョンで再放送されるそうですよ。

6月23日~24日の2夜連続。

BS放送が観られる方は、ぜひご覧ください。

51wm7f6xul_aa240_
『ハゲタカ DVD-BOX』

Amazonで詳しく見る



510lzmbceql_aa240_

『ハゲタカ
オリジナルサウンドトラック』

Amazonで詳しく見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)