« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月29日 (日)

プロレスの神様、逝く。

“プロレスの神様”
カール・ゴッチさんが逝去されました。

詳細はコチラ↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070729-00000039-spnavi-fight


享年82歳。


プロレスファンの方ならご存知でしょうが、
ジャーマン・スープレックスの生みの親であります。

ゴッチさんの教えは
「ゴッチイズム」と呼ばれるほどでした。

新日本プロレス、UWF、パンクラスで育った選手たちは、
確実にゴッチさんの遺伝子を引き継いでいるといえるでしょう。

...言葉になりません。

..........


謹んでご冥福をお祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

きょうは『WEEKENDER』。

きょうは暑い一日でした。

それもそのはず。

関東各地で
今年一番の暑さを記録したそうですから。

ん?

今年一番の暑さ。

しかも、ウイークエンド。

来週の週末は、ロキノンの夏フェス。
(参戦しないけど・・・)

昨年の夏フェスといえば誰?

そうです。

“ロックスター”吉井和哉です。

(かなり強引・・・)

ということで、今この曲聴いています。


吉井和哉『WEEKENDER』。

「好きな歌 口ずさむ
 I'm so very Excited
 We're Reborn On Weekends」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

どこかで繋がっているのかなぁ?

8月22日リリースの
吉井和哉のニューシングル『シュレッダー』。

きょう、
ジャケット写真が公開されました。

詳細はコチラ↓
http://www.emimusic.jp/vmc/artist/domestic/yoshii/


見てビックリ!

もしかして、この女性。

Shine and Eternity』の
ジャケット写真のモデルさんでは?

髪型といい、着ている服といい、ソックリなんですけど!

同じモデルを起用するということは、
曲自体が繋がっているのでしょうか?

。。。謎は深まるばかりです。


さらに、
個人的に期待している
C/W曲のタイトルが「上海」に決定。

何、上海?

吉井さんと上海の接点が見つからないんですけど!

しかも、“エルビス風バージョン”ときたもんだ!!

。。。ますます謎は深まるばかりです。


どんな曲になっているのか・・・楽しみに待ちましょう!


【追記】
ラミパスさんのブログを訪問して気づいたのですが、
よく見ると、吉井さんがシュレッダーにかけられています。

ということは、
今までの自分をシュレッダーにかけ、
殻を破った“ニュー”吉井和哉が登場するのでしょうか?

そうだとすると、
モデルの女性や曲の関連性はないのかなぁ?

まぁ、いずれ判ることでしょう。

ますます新曲が楽しみになってきました!

って、新曲発売されたばかりなのに(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

心に響いたり、身体に響いたり♪

きのうから引き続き、
ヘビロー中の『Shine and Eternity』。

不思議な浮遊感のあるメロディーが心地よいですね。

ゆるやかなグルーヴが絶妙。

この世界観に引き込まれそうです。

ポジティブな応援歌ロック
『WINNER』よりポイント高いです、ハイ。

「Shine 目を閉じて Shine 確かめて Shine
 その光が強いこと」

。。。心に響きます!


一方、C/W曲「マンチー」。

攻撃的なギターと
うねるベース、ダイナミックなドラムがたまりませんね。
(こんな表現でいいのかな? )

これぞ吉井ミクスチャー!って感じでしょうか。

それに、
極めつけは快調な(?)吉井節!?

えっ、LOVIN?
と思わせるような
シュールな歌詞がなんともいえませんね。

“あの頃”に戻ったような
錯覚を起こしてしまいそうです。

「へっへっ最高最高」

。。。身体に響きます!


それにしても、
吉井さんの表現力の幅の広さはスゴイですね。

音楽性が豊かというか、感性が豊かというか(笑)

やっぱ、
ほかのアーティストとは違う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

聴いてますか?

みなさん、聴いてますか?


吉井和哉のニューシングル『Shine and Eternity』。


510q92g6xul_ss500_
どうですか?

イイですねっ!

心に響きますよ!!



それでは、また後ほど~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

タイムスリップ!

今さっき、
TVでアニメ映画『時をかける少女 』を放送していました。

ちょこっと観ましたが、
主人公の少女は
わたしの中のイメージとはチョット違っていましたね。

個人的には
時をかける少女』といえば原田知世さんなんですよね。

申し訳ないですが・・・

ここで、
ほんの少しタイムスリップ!

最近は、
BlendyのCMでしかお見かけしない原田さん。

83年公開当時、
映画の同名主題歌が大ヒットし
歌番組にも出演されておりました。

実はこの曲、
作詞・作曲は松任谷由実、
編曲は旦那さんの松任谷正隆氏。

「ヒットしないわけがない!」

そこで見つけてきました、懐かしの映像。

動画はコチラ↓
http://www.youtube.com/watch?v=i5Hh4c9XoTE

音はずしてたりしますけど、それもご愛嬌(苦笑)


「時をかける少女 愛は輝く舟
 過去も未来も 星座も越えるから
 抱きとめて」



【追記】

アニメ版について、少し調べたら・・・

アニメ映画は原作の映画化ではなく、
原作の約20年後を舞台にした続編なんですってね。
そのため、
設定は若干原作と違っているみたいです。
原作の主人公・芳山和子は、
叔母として登場しているみたいですし。
だから、
わたしのイメージと違っているのは当たり前ですね。

アニメ版のファンの方に
不快な思いをさせてしまったなら、お詫びしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

ラッキー・ソウル

モデルやタレントとして活動している森泉が、
8月22日に日本デビューする英国の新人バンド
「ラッキー・ソウル」のプロモーションビデオ(PV)に出演するそうです。

出演するのは日本版で、
海外アーティストのPVに日本人が起用されるのは異例らしいです。

詳細はコチラ↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070719-00000103-sph-ent


森さんのことは置いといて・・・(苦笑)


英国の新人バンドということなので
とても興味があり、早速「ラッキー・ソウル」を調べてみました。

メンバーは、
紅一点ヴォーカルのアリ・ハワードを中心とした6人編成。

ソングライティングは、
ギターのアンドリュー・レイドロウが担当しているそうです。

詳細はコチラ↓
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/
Arch/SR/luckysoul/m_bio.html


数曲試聴してみたところ、
ポップ・ミュージックの王道という感じですね。

60年代の甘酸っぱさが漂っていて、
どこか懐かしいサウンドです。

日本でヒットしそうな予感。

myspace.comで試聴↓
http://www.myspace.com/luckysoulluckysoul

動画はコチラ↓
「Add Your Light To Mine, Baby」
「Lips Are Unhappy」
「My Brittle Heart Video」



さてさて。

日本で過去に、
ポップなサウンドで
人気を博した紅一点のバンドがありましたね。

70年代は・・・今のところ思い浮かびません(また後で)。

80年代はEighth Wonder(エイス・ワンダー)。

86年には「Stay With Me」が日本でヒットしました。
本国イギリスより日本やイタリアで人気があったそうです。

パッツィ・ケンジット。可愛かったなぁ~、あの頃は?

動画はコチラ↓
Eighth Wonder「Stay With Me」


90年代はThe Cardigans(カーディガンズ)。

2ndアルバム『ライフ』(1995年)が大ヒット。
“スウェディッシュ・ポップ”最高!
とかナントカ言って、アルバム買っちゃいましたもん(苦笑)

動画はコチラ↓
The Cardigans「 Carnival」


ポップ・ミュージックは、永遠に不滅ですね。



【追記】

70年代、
しいて挙げればBlondie(ブロンディ)でしょうか。

78年リリースのアルバム『恋の平行線』から
シングルカットされた「ハート・オブ・グラス」は
英米共にチャート1位を獲得しました。

ポップで親しみやすいメロディーは、今聴いても新鮮!
ブロンディの曲の中ではいちばん好きな曲です。

動画はコチラ↓
Blondie「Heart of Glass」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

新しいじゃない!?

吉井和哉のニューシングル
Shine and Eternity』のPV視聴と
「マンチー」の試聴が開始されました。

詳細はコチラ↓
http://www.emimusic.jp/vmc/artist/domestic/yoshii/


シングルのPV視聴はさておき(失礼!)、
期待の「マンチー」をさっそく試聴しました。

ヘヴィーな・・・

ダンサブルな・・・

オルタナな・・・

う~ん、新しいじゃない!?

「ほらほらマンチーが~♪」

メタルなギターが炸裂しておりますな!

予想より、
かなりハードな印象を受けました。

もう少し、
オーソドックスなロックだと思っていたのですけどね。

次のシングルが『シュレッダー』なら、
こちらは“ミクスチャー”といった感じでしょうか?

この感じなら、
吉井和哉の“第2章”は安泰ですな。

ポップ路線を追求したら、
どうしようと思っていたのですが・・・

さすが、吉井さん。
いい意味で、期待を裏切ってくれそうです。

さぁ、アルバムが楽しみになってきましたぞ!

その前に、
20日発売の『ロッキング・オン・ジャパン』8月号を
忘れずに読まないとね☆

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

アレレっ?

キリンチューハイ氷結」の新CM。

アレはアレでいいのですか?

個人的には、アレレって感じです(苦笑)

缶チューハイの中では、
氷結(特にレモン)が好きなのに・・・

タ○ラに
浮気しちゃおうかなぁ?
という気さえしてきてしまいます。


ウ~ウ~ウ~♪

QUEENが泣いてるゼ!


そう思われた方は
コチラの動画をどうぞ。↓
Queen「We Will Rock You」

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年7月11日 (水)

スッゲーなイチロー!!

サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地AT&Tパークで
行われた米大リーグの第78回オールスターゲーム。

イチロー選手(マリナーズ)が、
ランニング本塁打を含む3安打2打点の活躍で、
日本選手初のMVPを獲得しました。

米オールスター戦でランニング本塁打は史上初。
米オールスター戦で日本選手の本塁打は初。
イチロー自身のランニング本塁打は初。

。。。初づくし。

「スッゲーなイチロー!」
と思わず声を出してしまいました(苦笑)

改めて録画しておいたビデオを観ると、
まさに本塁打狙いのバッティングでしたね。

あわやスタンドに入ろうか
という打球は、ライトフェンスを直撃!

その後、
ボールが転々する間に余裕でホームイン!!

スゴイ・・・他に言葉が見つかりません。


球宴に出場した日本選手は、
イチロー選手だけではありません。

斎藤隆投手(ドジャース)と
“32番目の男”岡島秀樹投手(レッドソックス)が
揃って初出場。

斎藤投手は7回表に登板。
150キロ台の速球と鋭いスライダーを武器に、
1イニングを3者凡退に抑える完璧なピッチング!

一方、
岡島投手はブルペンでスタンバイするも、
残念ながら登板機会はありませんでした。

一番見たかった選手なのですが・・・

来年こそは絶対、って来年はムリ?(失礼な!)


それにしても、
イチローはすごいなぁ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

田中、新人トップの7勝目!

楽天のルーキー、
“マー君”こと田中将大投手を
追いかけるのを忘れていたら・・・

今日のソフトバンク戦に先発、
7回0/3を6安打1失点で7勝目を挙げました。

「いつのまにこんなに!」

新人では
両リーグを通じて単独トップに躍り出たそうです。

この調子でいけば、
新人王も夢ではありません。

「目指せ!新人王!!」

“平成の怪物”松坂大輔投手以来の
高卒ルーキーの新人王に期待したいですね。

ちなみに、
松坂投手はルーキーイヤーに
16勝を挙げて新人王と最多勝を獲得しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

HummingbirdとIndian

シングル連続リリースで、
今ノリに乗っている(?)吉井和哉。

前回に引き続き、吉井情報です。

●9月5日、ニューアルバムをリリースすることが決定!
 アルバム・タイトルは『Hummingbird in Forest of Space』。

●ツアー・タイトルが
  「吉井和哉 GENIUS INDIAN TOUR 2007」に決定!

詳細はコチラ↓
http://www.yoshiikazuya.com/


これらのタイトルの意味を探るべく、さっそく検索ちゃん。

まず、
Hummingbirdを検索。

Hummingbird(ハチドリ)の"Humming"という言葉は、「歌をハミングする」という場合の“ハミング”で、花の蜜を吸う時に「ブーン」という音を立てることから来ているらしいのです。

詳細はコチラ↓
http://www2.netdoor.com/~takano/hummingbird-j.html


。。。なるほど。

しばらくすると、
“...Eternity~ Eternity~♪”
という『Shine and Eternity』のワンフレーズが!
(Eternityの前の歌詞がわからん!)

ふと気づくと自然にハミングしている自分がいました。

誰もが口ずさめるようなメロディ。

吉井和哉“第2章”は、これがポイントかもね!

さらに、
深く意味を追求しようと思い
「ハミングする 意味」でググると・・・

そこには、
Hummingbird(ハチドリ)と
Indian(インディアン)の関係が?

詳細はコチラ↓
http://www.nsjewelry.com/page021.html


ここから先は、
身勝手なことは書けないので
コメントは控えたほうがよさそうです。

ファンの方、くれぐれも道理をわきまえてネ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

第2章、始まったのかい?

7月25日リリースとなる、
吉井和哉のシングル連続リリース
第2弾『Shine and Eternity』。

いよいよ、
試聴がスタートしましたね。

詳細はコチラ↓
http://www.emimusic.jp/vmc/artist/domestic/yoshii/


フル試聴ではないからまだ聴かずに・・・と思ったのですが、
怒涛の更新ラッシュを見ていたら聴かずにはいられなくなりました(苦笑)

試聴した限りでは、
吉井和哉の“第2章”が始まったという感じですね。

「やはり、ポップ路線なのかぁ?」
「いえいえ、期待の“マンチー”がありまするッ!」


その辺の理由は、もうすぐ明らかになりそうです。

7月20日発売の『ロッキング・オン・ジャパン』8月号には、
ニュー・シングルの手ごたえを語る吉井さんのインタビューが掲載されるそうですから、忘れずにチェックしないといけませんね。

詳細はコチラ↓
http://www.rock-net.jp/


さらに、
シングル連続リリース
第3弾のタイトルが『シュレッダー』に決定!

第1弾、2弾よりもさらにヒートアップしそうな予感!?


追いかけるのに必死な、今日この頃。

まだまだ、吉井情報が・・・

あまりのハイペースについていけないので、
焦らず”順を追ってっていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

思いっきり80年代!

最近、
携帯のCMソングは思いっきり80年代ですね。

auは、ヴァン・ヘイレンの『ジャンプ』。

SoftBankは、
オリヴィア・ニュートン・ジョン&ELOの 『ザナドゥ』。

DoCoMoは、
長瀬とアンナの『焼き焼きロック』(焼肉屋の店名?) 。

なぜか、DoCoMoだけ・・・ちょっと違いますね。

“DoCoMoだけ”に(笑)


さて、あなたならどのCMがいいと思いますか?

私は
ザナドゥ』に一票!

キャメロン・ディアスも出演しているしね。

ポップな曲調が、キャメロンのイメージにピッタリです。

実にキュート!!

でも、雪景色が少し気になります(苦笑)



CMで流れている曲が気になる方はコチラ↓
Van Halen 「 jump」
Olivia Newton John & ELO 「Xanadu」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年7月 1日 (日)

吉井プロデュース。

吉井和哉が、
PUFFYのニューシングル(9/5リリース)収録曲
「くちびるモーション」を作詞・作曲したそうです。

詳細はコチラ↓
http://natalie.mu/news/show/id/2431
http://oops-music.com/info/view_news.html?nid=31272


自身初となる、他のアーティストへの楽曲提供。

そして、初プロデュース!

しかも、
カネボウ化粧品“Kanebo Lavshuca”の
CMソングとして7月からオンエアされるとのこと。

これまた、
ポップな爽やか路線をひた走る、夏色な感じなの?

。。。楽しみ。

“民生”色に勝るとも劣らない “吉井”色に期待!!


【追記】
上記の文章に関して、
誤解を招くような記述がありましたので、少し付け足します。

初プロデュースとは、他のアーティストのプロデュースは初ということです。また、HEESEY WITH DUDESの「ならず者アイムソーリー」(アルバム『OBSTINATE ROCKAHOLIC』)という曲で“作詞”を担当したことがあります。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »