« 第2章、始まったのかい? | トップページ | 田中、新人トップの7勝目! »

2007年7月 7日 (土)

HummingbirdとIndian

シングル連続リリースで、
今ノリに乗っている(?)吉井和哉。

前回に引き続き、吉井情報です。

●9月5日、ニューアルバムをリリースすることが決定!
 アルバム・タイトルは『Hummingbird in Forest of Space』。

●ツアー・タイトルが
  「吉井和哉 GENIUS INDIAN TOUR 2007」に決定!

詳細はコチラ↓
http://www.yoshiikazuya.com/


これらのタイトルの意味を探るべく、さっそく検索ちゃん。

まず、
Hummingbirdを検索。

Hummingbird(ハチドリ)の"Humming"という言葉は、「歌をハミングする」という場合の“ハミング”で、花の蜜を吸う時に「ブーン」という音を立てることから来ているらしいのです。

詳細はコチラ↓
http://www2.netdoor.com/~takano/hummingbird-j.html


。。。なるほど。

しばらくすると、
“...Eternity~ Eternity~♪”
という『Shine and Eternity』のワンフレーズが!
(Eternityの前の歌詞がわからん!)

ふと気づくと自然にハミングしている自分がいました。

誰もが口ずさめるようなメロディ。

吉井和哉“第2章”は、これがポイントかもね!

さらに、
深く意味を追求しようと思い
「ハミングする 意味」でググると・・・

そこには、
Hummingbird(ハチドリ)と
Indian(インディアン)の関係が?

詳細はコチラ↓
http://www.nsjewelry.com/page021.html


ここから先は、
身勝手なことは書けないので
コメントは控えたほうがよさそうです。

ファンの方、くれぐれも道理をわきまえてネ!

|

« 第2章、始まったのかい? | トップページ | 田中、新人トップの7勝目! »

コメント

HummingbirdとIndianの関係のとこ、読みました!
kenmanさん、すっげー!この関連性はスゴイ発見ですね!
なるほどぉ~とうなずきまくってしまいました。

吉井さん本人から何もコメントが出ていない状態なので、あくまで勝手な解釈でしかないんですが、かうぞう、この解釈に10000点、いや持ち点全部いっちゃいたいくらい感心しました。

投稿: かうぞう | 2007年7月12日 (木) 01時05分

HummingbirdとIndianの関係、読まれましたか?
ねぇ、この解釈を見たらうなずきたくもなりますよね。
吉井さん本人からコメントが出ていないので、うかつな事は言えませんが、結構的を得ているのでは?と思ってしまいます。

だから私も、かうぞうさんと同じく持ち点全部いっちゃいますよ。おまけにスーパーヒトシ君をつけちゃいます(苦笑)
だって、すっげー!なんて言われら、出さないわけにはいかないでしょう(笑)
おだてに弱い、kenmanです☆

投稿: kenman | 2007年7月14日 (土) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192595/15685633

この記事へのトラックバック一覧です: HummingbirdとIndian:

« 第2章、始まったのかい? | トップページ | 田中、新人トップの7勝目! »