« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月29日 (金)

中江さんが・・・。

声優の中江真司さんが、お亡くなりになったそうです。

『仮面ライダー』シリーズや
『トリビアの泉』などのナレーションを担当していました。

最近では、任天堂のCMも・・・

おそらく、
誰でも一度は聴いたことがあると思います。

あの独特の淡々とした口調が、とても好きでした。

ホントに寂しいです。


心よりご冥福をお祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

なんで、あの名曲を!?

ただいまのBGMは、
スティングの「Englishman in New York」。

1987年のアルバム
Nothing Like the Sun』に収録されています。

哀愁漂うジャージーなナンバー。

サックスの音色が心地よく、
秋になると聴きたくなるんですよね。


では、なぜ今?


それは、
本日発売の「関西人 in Tokyo」という曲。

歌っているのは
姫路市出身のシンガー・ソングライター、種浦マサオ

タイトルからも判るとおり、
「Englishman in New York」のカヴァー?
と思ったら・・・
“ほんまエイリアン なんかちょっとちゃう エイリアン
 俺 関西人 in Tokyo”
という歌詞(たぶん)。

カヴァーというより替え歌でしたね。

カーラジオでたまたま聴いたのは、数日前。


なんで、あの名曲を!?


そんな思いが日に日に強くなって、
オリジナルを聴きたくなってしまったというわけです。

さらに、PVの映像を楽しんでおります。

はじめて観ましたが、なかなか渋いですね。


動画はコチラ↓
Sting 「Englishman in New York」


“I'm an alien I'm a legal alien
 I'm an Englishman in New York”

対訳はコチラ↓
http://www12.plala.or.jp/bload/kashi/sting/einy.htm

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月26日 (火)

LED ZEPPELINが再結成?

LED ZEPPELINの
再結成の噂が流れているらしい。

詳細はコチラ↓
http://www.barks.jp/news/?id=1000032472


楽しみだぁ~!!

カテゴリー・・・またひとつ増えた。

待望の“LED ZEPPELIN”。

今まで
無かったのが不思議なくらい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

東京事変『OSCA』

7月11日発売される
東京事変のニュー・シングル『OSCA』。

本日6月25日から
PVフル・ストリーミングがスタートしました。

詳細はコチラ↓
http://www.toshiba-emi.co.jp/vmc/artist/domestic/tokyojihen/index.php


ギターの浮雲が作詞作曲した
ドライブ感たっぷりのロックチューン。

林檎さんのヴォーカル、かなり冴えてます!

この感じ・・・好きなんですよね。

ただ、歌詞が聴き取れない(苦笑)

そこがまた、良かったりするんですけどね。

動画はコチラ↓
http://www.youtube.com/watch?v=UmS10SZ_I-4&mode=related&search=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

今なら、
くるりのニューアルバムが全曲聴けちゃいます!

6月27日に発売される
くるりのニューアルバム『ワルツを踊れ Tanz Walzer』。

今なら、
MySpaceで全曲フル試聴できるんです。

6/22~6/24までというから、今日いっぱい。

日本のメジャーなアーティストが、
このような試みをするのは珍しいみたいですよ。

渋くてカッコイイ曲がずらり!
などとは恐れ多くて言えない、くるりファン度0%な私(汗)

でも、ついつい聴き入ってしまいました。

その結果、くるりファン度が上昇中!

「アルバム買おうかなぁ~♪」

これって、さぁくせん?

明日くるりと回ったら、
目の前にはくるりのアルバムが・・・
なんてことがあるかもしれません(苦笑)

冗談はともかく、
過去の作品も聴きたくなりました。

ほかのアーティストも
myspaceを有効に活用して欲しい・・・そう思いましたね。



。。。タイトル長すぎました?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月23日 (土)

吉井和哉ツアー2007

吉井和哉のツアー日程が発表されました。

9月29日の仙台を皮切りに
10月28日の福岡まで、計8公演が行なわれる予定。

詳細はコチラ↓
http://www.yoshiikazuya.com/


武道館は10月24日、25日か。

参戦できるかどうか、今のところビミョー!?

たぶん、参戦できると思いますけど・・・
(色々、調整しなくちゃ!)


ところで、
今年のツアーはこれで終わりなのですか?

年末の“吉井武道館”はどうなる!?


それよりなにより、
ツアー前にニュー・アルバムが聴きたい。

“ニュー”吉井和哉に期待したい、したい、した~い♪

その前に、
リリース予定のシングルが2枚ありますけどね(笑)


夏バテ気味だったのに、徐々に回復の兆し!

「よいな、よいな♪」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

ニューシングル『Shine and Eternity』

現在、
シングル『WINNER』が好調な吉井和哉。

(ヨイショしてます!)


7月25日発売される
ニューシングルのタイトルが決定しました。

タイトルは
Shine and Eternity』。

またまた、ポジな感じなんじゃない?

期待のC/W曲は「マンチー」。


ところで、マンチーって何?

...意味深(苦笑)

そうでもない!?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

吉井和哉がオススメのイギーは・・・何?

6月14日発売の
音楽雑誌「WHAT'S IN ?」7月号
吉井和哉のコメントが掲載されていました。

ざっと立ち読みしただけなので
はっきりは覚えていませんが、
イギー・ポップのオススメの一枚を選んでおります。

吉井さんのファンなら
知っていると思いますが・・・
当然のごとく『ラスト・フォー・ライフ』。

知る人ぞ知る、
デヴィッド・ボウイのプロデュース作。

イギー・ポップっていう
名前が格好イイと言って、人に薦めるらしいです。

最近の吉井さん、
TVへの露出は少ないですが
音楽雑誌でちょくちょく見かけますね。

...抜け目がありません(苦笑)


317c2borrzrl_aa192_
『LUST FOR LIFE』
IGGY POP

Amazonで詳しく見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

田中、プロ初完封。

楽天のルーキー田中将大投手が
プロ初完封勝利を挙げたそうですね。

高卒ルーキーでは、
2005年のダルビッシュ(日本ハム)以来だとか。

これで、今季4勝目。

現在、
リーグトップの奪三振率。

今日の最速は151km/h。

やっぱり、
魅力ある投手ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

桑田、夢実現!!

きのう、
メジャーへ昇格した
パイレーツの桑田真澄投手。

きょうのヤンキース戦で
ついに念願のメジャーデビューを果たしました。

20歳のころから憧れていた、メジャーのマウンド。

喜びもひとしお
だったのではないでしょうか。

5回から3番手として登板し、2回を投げ1安打2失点。

唯一打たれたヒットは、
メジャー屈指の強打者である
アレックス・ロドリゲスの2点本塁打。

改めてコントロールの大切さを実感したに違いありません。


この直後!

注目の
松井秀喜外野手との初対決が実現しました。

結果は、四球。

コメントから察するに、
お互いに対戦しづらい様子でしたね。

次回の対戦が楽しみ・・・次回はあるのかなぁ?


ようやくたどり着いた夢の舞台。

試合後、
「夢が実現できてうれしい、これからも頑張っていきたい。」
と語っていた桑田投手。

まだまだ挑戦は続くようです。

シーズンを通して
メジャーでプレイできるよう、頑張ってほしいですね。

。。。陰ながら応援しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

桑タン、メジャー昇格おめでとう!

ついに、
桑田真澄投手のメジャー昇格が決まりましたね。

今シーズンから
米大リーグ・パイレーツへ
活躍の場を移した元巨人の桑田投手。

無謀な挑戦とまで言われた
プロ22年目にしてのメジャー挑戦。

マイナーリーグで
調整を続けてきた、地道な努力が実りましたね。


桑田投手といえば、
曲がりの鋭いカーブが生命線。

3Aの試合を見る限りでは、
日本で活躍した頃よりも切れ味が鋭いですね。

後輩の岡島投手より曲がっているかも?

対戦した打者から、
”レインボール”と言われたそうです。
どうやら、
ボールの軌道が”虹”に似ていたようで。

「誰が名付けたか知らないけど、
”レインボール”らしいよ」と語る桑田投手。

その表情は、笑顔に満ちていましたね。


10日のヤンキース戦からベンチ入り。

ここで、
究極の”夢”の対戦が実現するかもしれないのです。

桑田vs松井。

日本では
考えられなかった対戦。

どちらも応援したいのですが、
今回は桑田投手を応援したいと思います。

結果を気にせず、
楽しんで投げてほしいですね。

ガンバレ!桑タン!!


桑タン?

私がPL時代から応援している
桑田投手の呼び名でございます(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 8日 (金)

21世紀のThe Beatles?

ニューヨーク出身の
4人組ロック・バンド、
LOCKSLEY (ロックスリー) の
日本デビュー・アルバム『Don't Make Me Wait』
が6月6日発売されました。

アメリカの音楽メディアからは
”21世紀のThe Beatles”と評されているらしいのです。

それならと思い・・・

キャッチコピーに惹かれて、早速試聴してみました(苦笑)

・Why Can't I Be You
・Don't Make Me Wait
・She Does
・All Of The Time

myspace.comで試聴↓
http://www.myspace.com/locksley

一部ですけど、何か?(笑)

確かに、
「All Of The Time」は
The Beatles”らしさ”を少し感じることができます。

ただ、
The Beatlesと比較するとなると・・・

”21世紀の~”と
言いたくなる気持ちは、分かりますけどね。

全体的な印象としては、
最近のUKの新人バンド同様
60年代のメロディやガレージ路線の
サウンドといったところです。

。。。。。。

今後、
メディアの過大?評価に
負けないように頑張っていただきたいですね。

。。。。。。

ここで取り上げたのも、
注目しているからであります。



こちらは輸入盤↓

51okqw0fn8l_aa240_
『Don't Make Me Wait』
LOCKSLEY

Amazonで詳しく見る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

THE DRAYTONES、日本デビュー決定!

英国出身のロック・バンド、
THE DRAYTONES(ザ・ドレイトーンズ)。

7月4日、
ミニ・アルバム『Forever on
(ボーナス・トラック1曲収録)で日本デビューを果たします。

Gabriel Boccazzi (G/Vo)、
Luke Richardson (Ds/Vo)、
Chris Le Good (B/Vo) からなる3ピース・バンド。

すでに本国イギリスでは
07年2月にデビュー・シングル「Keep Loving Me」、
同年3月にミニ・アルバム『Forever on』をリリースし、
注目されているようです。

試聴した限りでは、
60年代前半の
ブリティッシュビートやモッズ・サウンドの
影響が垣間見れます。

安定感のあるヴォーカルと
哀愁漂うギターのフレーズが印象的ですね。

なかでも
「Keep Loving Me」は秀逸。

このグルーヴィーな感じ・・・抜群に格好イイ!

myspace.comで試聴↓
http://www.myspace.com/thedraytones

SUMMER SONIC 07への出演が決定しているので、
どんなステージを見せてくれるか、楽しみですね。

今後、期待できそうですよ。


51swxgygwvl_aa240_
『Forever On』
THE DRAYTONES

Amazonで詳しく見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

さんまvs松ちゃん。

6月1日深夜、
『さんまのまんま』の
ゲストはダウンタウンの松ちゃん。

さんまさんと松ちゃん。

ふたりのトークは
今まで見たことがないので
とても楽しみにしていたのですが、
うっかり録画し忘れてしまいました。

こういう場合はどうしたら・・・
「あっ、そうだ。 ようつべがある。」

早速訪れてみると、UPされていたので鑑賞。


いつもとは勝手が違うのか、
少し緊張している様子の松ちゃん。

さんまさんの
説教じみたトークにたじたじのようでした。

もう少し、
さんまさんに突っ込んでほしかったのですが・・・

ただ、
相方の浜ちゃんの話題になると、
それまでとは一転して生き生きと話していました(笑)

日頃のウップンがたまっているのでしょうか(苦笑)


今度は、
さんまさんと浜ちゃんのトークが観たくなってしまいました。

実現してくれないかなぁ~。

。。。ムリ?



動画はコチラ↓
さんまのまんま 松本人志 1of3
さんまのまんま 松本人志 2of3
さんまのまんま 松本人志 3of3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

佑ちゃん人気、すごいね!

注目の東京六大学野球春季リーグ。

早大の斎藤佑樹投手が先発するとあって、
神宮球場に3万6千人の観衆が集まったそうですよ。

プロ野球の公式戦より多いのでは・・・(苦笑)

先発投手が発表されると、
われんばかりの大歓声でしたね。

一年目から
優勝を経験してしまうのですから、
スゴイとしかいいようがありません。

あしたの
スポーツ紙の一面は
”佑ちゃん”ばかりでしょうね、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 2日 (土)

大人のロック!・・・吉井!?

きょう、
『rockin'on』07月号を本屋さんに買いにいったら
『大人のロック!』2007夏号をついでに買ってしまいました。


特集を読んだら、興味深い記事ばかり。

なかでも目を引いたのが、
”史上最強のギターソロ50選”。

「ロックの歴史はギターの歴史でもある」

...ふむふむ。

ジミヘン、リッチー・・・あれ?ペイジがいない!

え、それってどういうこと?

次のページは、なななんと!
THE ALFEEの高見沢ではないですか。

バッド?ヒットたかみー♪

あなた、ペイジの代わりなのかい?

まぁ、
ペイジ派なので大目に見ましょう(苦笑)

当然ながら、
ジミー・ペイジの
「天国への階段」(レッド・ツェッペリン)を選んでおります。

やっぱり、
あのギターソロは格別ですもんね。

うん、ナイスですよ!


さらに、
日本のギタリストに聞いたアンケート記事。

みなさん、
音楽的に影響を受けた
70年代を中心に選んでいるようです。

それだけに、
曲に対する思い入れがあるようで、
読んでいてとても面白いですね。


すると!

この中に・・・吉井和哉がいるではありませんか!

ギタリストとしてコメントしている・・・感じです(苦笑)

ついに、
吉井さんも大人のロックに仲間入りしたようです。


ここで、
吉井さんの記事を読んでくださる人に
感謝の意を込めて、少しだけ教えちゃいます(笑)

吉井さんが選んだベスト3は
D・フェルダー/J・ウォルッシュ、
J・ハリスン、R・ブラックモアでした。

曲名が気になる人は、書店へレッツ・ゴー!


今日一日、
ちょっと背伸びして
大人のロックを体験してしまいました(笑)

いやぁ~、70年代のロックって本当にいいもんですね!
(淀川さん風)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

『サージェント・ペパー』から40年。

きょうは、何の日?

きょう6月1日は、
THE BEATLES の
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
(英国盤)がリリースされた日ですね。

51xhf4tdm9l_aa240_
今年でちょうど40年。





「Rolling Stone」誌が企画する
「500 Greatest Albums All Time」において1位に選出
されるなど、ロック史上最高のアルバムと言われています。


ということで、
久しぶりに聴きたくなったので聴いています。

"架空のバンドによるショウ"は、
つい何度も聴いてしまう・・・不思議な作品です。

それが、
この作品の魔力かもしれません。

さまざまな効果音やアレンジは、今聴いても新鮮!

ビリー・シアーズことリンゴが歌う
"With A Little Help From My Friends "。

「歌は得意じゃないけど・・・。」

ジョンの
"Being For The Benefit Of Mr. Kite !"
"Good Morning, Good Morning"に見られる変拍子。

インド音楽の影響が色濃く出ていてる
ジョージの"Within You Without You "。

「いつ聴いても飽きません。」

ポールの"When I'm Sixty-Four "。

「ちょうど今、その歳ですか?」

で、
ハイライトは"A Day In The Life"。

もう感想なんていりませんね。

ビートルズマニアではないので、
このくらいでお許しを・・・(苦笑)


リリースから40年。

これを記念して、
本日発売の『rockin'on』 07月号には特集記事が
掲載されているので、読まないわけにはいきませんね。

51l0mh1n2al_aa240_
あした買ってこよう♪




51d8f0z14fl_aa240_
こちらも買おうかな?

「Nowhere ザ ビートルズ決定版シリーズ
サージェントペパーの時代」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »