« THE DRAYTONES、日本デビュー決定! | トップページ | 桑タン、メジャー昇格おめでとう! »

2007年6月 8日 (金)

21世紀のThe Beatles?

ニューヨーク出身の
4人組ロック・バンド、
LOCKSLEY (ロックスリー) の
日本デビュー・アルバム『Don't Make Me Wait』
が6月6日発売されました。

アメリカの音楽メディアからは
”21世紀のThe Beatles”と評されているらしいのです。

それならと思い・・・

キャッチコピーに惹かれて、早速試聴してみました(苦笑)

・Why Can't I Be You
・Don't Make Me Wait
・She Does
・All Of The Time

myspace.comで試聴↓
http://www.myspace.com/locksley

一部ですけど、何か?(笑)

確かに、
「All Of The Time」は
The Beatles”らしさ”を少し感じることができます。

ただ、
The Beatlesと比較するとなると・・・

”21世紀の~”と
言いたくなる気持ちは、分かりますけどね。

全体的な印象としては、
最近のUKの新人バンド同様
60年代のメロディやガレージ路線の
サウンドといったところです。

。。。。。。

今後、
メディアの過大?評価に
負けないように頑張っていただきたいですね。

。。。。。。

ここで取り上げたのも、
注目しているからであります。



こちらは輸入盤↓

51okqw0fn8l_aa240_
『Don't Make Me Wait』
LOCKSLEY

Amazonで詳しく見る

|

« THE DRAYTONES、日本デビュー決定! | トップページ | 桑タン、メジャー昇格おめでとう! »

コメント

トラックバック、
ありがとうございます★

21世紀のThe Beatles?
なかなかいい表現だと思いました(笑)♪

このバンドも、
楽しく頑張って欲しいと思ってます★

投稿: あけみ | 2007年6月22日 (金) 21時06分

コメントありがとうございます。

>21世紀のThe Beatles?
ホント、なかなかいい表現ですよね。回りくどくなくて(苦笑)
それにしても、すごい褒め言葉です☆

ぜひ、21世紀のThe Beatlesを目指して頑張ってほしいですね。これからが楽しみなバンドです!

投稿: kenman | 2007年6月23日 (土) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192595/15362202

この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀のThe Beatles?:

« THE DRAYTONES、日本デビュー決定! | トップページ | 桑タン、メジャー昇格おめでとう! »