« 驚異の新人アーティスト、「MIKA」って? | トップページ | 吉井和哉 × レミオロメン »

2007年2月26日 (月)

菊池凛子、オスカー逃す。

映画界最大の祭典である
第79回アカデミー賞の受賞結果が発表されました。

主な受賞結果は、以下の通り。

・作品賞
 『ディパーテッド』
・監督賞
 マーティン・スコセッシ『ディパーテッド』
・主演男優賞
 フォレスト・ウィテカー『ラストキング・オブ・スコットランド』
・主演女優賞
 ヘレン・ミレン『クィーン』
・助演男優賞
 アラン・アーキン『リトル・ミス・サンシャイン』
・助演女優賞
 ジェニファー・ハドソン『ドリームガールズ』
・オリジナル脚本賞
 『リトル・ミス・サンシャイン』
・脚色賞
 『ディパーテッド』
・撮影賞
 『パンズ・ラビリンス』
・外国語映画賞
 『善き人のためのソナタ』(ドイツ)


助演女優賞にノミネートされた
『バベル』の菊池凛子さんは、
残念ながらオスカーを手にすることはできませんでした。

受賞したのは
『ドリームガールズ』のジェニファー・ハドソン。

メディアも絶賛しているジェニファーの演技。
「劇場へ足を運んでみようかなぁ~」
という気持ちがいっそう強くなりました。

注目の作品賞と監督賞は、
『ディパーテッド』のマーティン・スコセッシが初受賞。

期待されたクリント・イーストウッド監督の
『硫黄島からの手紙』は惜しくも受賞ならず。
『バベル』との一騎打ち?
と期待していただけに残念でした。

アカデミー賞の公式サイトでは、
例によって豪華なアクター、アクトレスが
素敵な(?)ファッションで決めています。

こちらを見ているほうが、ひょっとして楽しいかも?(苦笑)



「映画界最大の祭典」と銘打ってはいるものの、
「アカデミー会員身内賞」の色合いが濃いのも事実。

やはり、
アカデミー会員の俳優仲間を作らないと受賞はムリなの?

|

« 驚異の新人アーティスト、「MIKA」って? | トップページ | 吉井和哉 × レミオロメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菊池凛子、オスカー逃す。:

« 驚異の新人アーティスト、「MIKA」って? | トップページ | 吉井和哉 × レミオロメン »