« 女子フィギュア陣に注目! | トップページ | 「この冬一番の~♪」 »

2006年12月17日 (日)

まだまだ険しい?安藤美姫

フィギュアスケートグランプリファナル最終日。

結果を知らずに、きのうに引き続きTV観戦。

注目の女子フリー。

日本勢3人そろって表彰台か?
という期待を胸に・・・

最初に登場した、村主章枝選手。
やはり、いつもの調子には程遠く、
ジャンプの回転不足(2度)もあって、
得点が伸びませんでした。

次に、一番期待の安藤美姫選手。

最初のコンビネーション・ジャンプが不発。
しかし、それを引きずらないのが成長した証。

このまま無難に滑り終えれば大丈夫だろう、
と思っていたのですが・・・

ジャンプのタイミングが合わず、
次々と失敗
(計4度の回転不足)を重ねてしまいました。
また、
注目のステップはスピードがなく、
体の切れもありませんでしたね。

それもあって、
終わったあとの笑顔は見られませんでした。

試合後のインタビューでは、
体調不良ということでしたが・・・(?)

こうなれば、最後の砦。
浅田真央選手に期待するしかありません。

しかし、最初のトリプルアクセルをはじめ、
計2度のジャンプ転倒。
そして、2度のバランスを崩しての着氷。

これまでの浅田選手には
考えられないようなミスの連続。
2連覇へのプレッシャーがあったのでしょうか?

試合後の表情は、
安藤選手以上に険しいものでした。
初めてですね、あんな浅田選手を見たのは。

まさに、信じがたい光景でした。

結果的に、
表彰台に立ったのは2位の浅田選手、
ただひとりでした。

そして、
今大会を制したのは、韓国のキム・ヨナ選手。

日本選手は、またしても、
キム選手に勝つことができませんでした。
まさに、天敵といっていいでしょう。

期待している、安藤選手。

バンクーバー冬季五輪まで、
まだまだ険しい道は続きそうです。

|

« 女子フィギュア陣に注目! | トップページ | 「この冬一番の~♪」 »

コメント

日本勢はホントに残念な結果になってしまいましたね。

でも、体調の悪い選手が続出していたのも事実です。

今後の彼らの活躍に期待したいものです。

投稿: QBK | 2006年12月18日 (月) 22時38分

コメント、ありがとうございます。
今回は、ホントに残念でした。
次の大会では、
体調がベストの状態で望んでほしいですね。
今後に、期待しましょう。

投稿: kenman | 2006年12月18日 (月) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ険しい?安藤美姫:

« 女子フィギュア陣に注目! | トップページ | 「この冬一番の~♪」 »