トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

吉井和哉、早稲田で弾ける?

吉井さんが、
11月4日の早稲田大学学園祭
に出演することになりました。

学園祭の出演なんて
THE YELLOW MONKEYのとき以来だと思うので、
何年ぶりになるでしょうか。

学園祭は
ライヴとはまた違ったステージになるでしょうし、
現在の吉井モードに期待したいですね。

個人的な意見としては、
思いっきり弾けて欲しいですね。

もうすぐ全国ツアーも始まりますし、期待しましょう。

みなさんの反響が楽しみです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

『月刊 吉井和哉』

今月はまさに、そんな感じでした。

10月4日に発売された、
吉井和哉名義としては初のアルバム『39108
(サンキューヒャクハチと読む)。
この1ヶ月間聞き続けて、
吉井さんのロックスターとしての器の大きさを
感じさせる作品に仕上がっている気がしますね。

私的な感想としては、以下の三点でしょうか。

●「黄金バッド」のリフ。
もともと洋楽好きだった私が、
10数年前にTHE YELLOW MONKEY
(ソロ活動前のバンド名)
に魅せられたのも、
吉井さんのこういう部分があるからでして...
本当にサンキューと言いたいです。

●「I WANT YOU I NEED YOU」
の曲調と独特の歌詩。
吉井さんがソロになってから
離れていったファンの方がいるかもしれませんが、
ぜひ聴いて欲しい曲のひとつですね。
たぶん、
THE YELLOW MONKEYのファンであった頃の
興奮が再び甦ってくるかもしれませんよ。

●「恋の花」から「BELIEVE」への流れ。
このアルバムの
クライマックス的な印象を受けました。
これからの季節、ジーンとくるかもしれません。
実を言うと私、
結構...きてます。

ざっとこんな感じですが、
人それぞれ色々な感想があるでしょうね。

まだ吉井さんの音楽を体験していない人がいれば、
少しは参考になるのではないかと思います。

私自身、
吉井和哉のファンでよかったと自問自答している、
そんな1ヶ月でありました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年10月29日 (日)

やったね!安藤美姫!!

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズで
ミキティこと安藤美姫選手が優勝しました。

これが、
安藤選手にとってはGPシリーズ初優勝
になりますね。

本当にオメデトウ!!

昨シーズンの
GPシリーズやトリノ五輪のときと比較すると、
ずいぶん心にゆとりがある滑り方をしているなぁ
と思いました。
やはり、
本人も心に期するものがあったのでしょうね。

それが感じられたのが、ステップの場面。

初日のショートプログラムのときもそうでしたが、
凄く楽しそうに滑っているのが印象的でした。
本人もこの二日間の滑りに満足したのか、
最後は身体がはちきれんばかりに
両手を広げてのフィニッシュ。

まさにそれは、
トリノ五輪での荒川静香選手の様に見えましたね。

ようやく、
以前のスマイルが似合う安藤選手の滑り
が戻ってきたような気がします。
まさに、
ここからがスタートではないでしょうか。

バンクーバー五輪まであと4年ありますが、
応援し続けますよ、ずーっと。

がんばれ安藤美姫!!

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年10月28日 (土)

新庄剛志はエンターテイナー?

少し遅れましたが、
「北海道日本ハムファイターズ・日本一
おめでとう!!」。

今年のプロ野球は、
北海道日本ハムファイターズが
44年ぶりの日本一に輝き幕を閉じました。

全試合をTV観戦していて思ったのですが、
あのファンの大歓声には驚かされましたね。
3年前にファイターズが北海道へ移転したときは、
想像もつかないような光景でしたから。

その理由はやはり、新庄選手が
「これからはパ・リーグです」
なる発言をしてファイターズに入団したことが
大きかったのでしょうかね。
ファンの声を聞いてみても、
皆が新庄選手のことを称賛していますから。

新庄選手のパフォーマンスに対して
いろいろと賛否両論がありますけど、
結果的には、
それが功を奏したのではないでしょうかね。

私自身、
少しやりすぎではなんて思うときもありますが、
結構好きだったりしますので。

さて、
これからの新庄さん(もう選手ではない?)ですが、
昨日の引退会見を見る限り、
まだ、
先のことは考えられていないような気がしました。
新庄さんのことだから、
みんなから注目されるようなことをはじめるのは
間違いないでしょう。

はたからみれば、
行き当たりばったり的な感じに捉えられてしまう
ところが多いようですが、
実のところ本人は、
人一倍計算高い人かもしれませんね。

今後は、
「新庄剛志」として世の中の注目を浴びる人に
なってもらいたいですね。

それでこそ、
ファンのことを第一に考える
「新庄剛志」ですから。

がんばれ、新庄剛志!
めざせエンターテイナー!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月27日 (金)

初ブログです!!

はじめまして。

今日から、kenmanのブログがスタートです。

平々凡々な日常を、
気ままに更新していきたいと思います。

みなさん、どうか気長にお付き合いください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年11月 »